ISHグループ株式会社

Interview私たちが作るISHの風土

私たちが作るISHの風土とは何か。
日々仕事に精進する私たち社員がそれそれの使命をお話します。

CREATIVITY

仕事のフローを作っていけるので
とてもやりがいがあります。

Y.Ohashiイラスト

2018年中途入社

クリエティブ事業部
アートディレクター

Y.Ohashi

今の仕事内容は?

部署全体のクオリティマネージメントです
ゲームのイラスト制作におけるの作家選定から納期の設定、金額調整、ディレクション、部署全体のクオリティマネージメントです。作家の方にお願いするときは、上手さも重要視していますが、各案件の方向性が合う人を選定しています。監修を通して、色々なイラストに出会えるので、自分にない新しい技術や手法を学べるところにやりがいを感じています。

働いてみて思ったことは?

イメージの方向性をどれだけ伝えられるかが難しい。
イラストが故のイメージの共有の難しさがあります。「可愛い」「かっこいい」などのイメージがそれぞれ同じじゃないので、そこをどれだけ細かく伝えられるかというところが難しいです。最初の依頼書で方向性が伝わらなかったら、サンプルをたくさん用意して、方向性がずれないように調整しています。
職場の環境は、前職と比べて雰囲気はゆるい方だと思います。ゲームのイラスト業界って、誰とも喋らずに黙々と作業したりするんですが、ここは皆明るいですね。

提案して始まったサービスは?

アートディレクションという機能を作りました。
僕が入る前は、アートディレクションという機能がなかったんです。つまりイラストの監修のことで、クオリティマネージメントをする人間がいなかったんですね。そういう機能がない会社って結構潰れていたりしたので、これはまずいな、と思って提案しました。イラストのクオリティの底上げや、難しい案件など対応可能案件の種類を増加させることができました。僕が仕事のフローを作っていけるのでとてもやりがいがあります。

ベンチャーだから成長できたことは?

自分で仕事のフローを作ることができます。
基本的にないことばっかりなんですよ。ほぼほぼ仕事のフローができていない状態で入社しているので。大変は大変なんですけど、それをどうやって解決できるか、日々工夫ですよね。日々の業務でマニュアル化されていない、イレギュラーな対応も起きるので現場の対応能力が向上しました。

入社するまで

学生時代からイラストの仕事をしていました。
子供の頃から絵を描くのは好きだったんですが、高3の時に本格的にイラストを描き始めました。知り合いが絵を描いていたので自分もやってみたいなというノリでしたね。大学は経済学部で全然違うことをしていましたが、大学1、2年くらいからイラストの仕事をやっていました。イラストのHPを持っていたので、そこから受注し始めたのが最初でした。卒業後はゲーム会社に就職しました。イラストを扱う仕事ではあったのですが、3D関係で仕事をしていました。アプリ会社に転職して2Dのイラストとアニメーションをやり、その後フリーランスのイラストレーターとしてゲームの原画や彩色の仕事をしている時に、ISHからイラストの発注があり仕事をしていく中で社員になりませんか?と誘われました。面接の時にはもう「いつから来れる?」みたいな感じでしたね(笑)

どんな人と働きたい?

現状に満足せず、向上心がある人と働きたい。
向上心がある人が良いです。現状に満足せず、日々成長していく人と意識を合わせていきたいです。同じことをやっててもつまんないな、ってところですね。僕、基本的に飽きちゃう人なんですよ。ここは変えていきたいなということを考えてくれる人と一緒に仕事していけたら嬉しいです。

休日の過ごし方

子供と公園で過ごす時間が楽しいです。
子供が9ヶ月なんですよ。平日は帰宅したら寝てるので休日は育児に専念して、近場の公園に遊びに出かけてます。今は趣味の時間を取れませんが、一人で釣りに行くのは好きでした。子供が生まれる前は、妻と動物園とか色々な場所に出かけていました。

さあ、一緒にカルチャーを創造しよう

ENTRY