ISHグループ株式会社

Interview私たちが作るISHの風土

私たちが作るISHの風土とは何か。
日々仕事に精進する私たち社員がそれそれの使命をお話します。

CREATIVITY

咄嗟の判断力が上がり、
個人の成長に繋がっていると思います。

S.Katoイラスト

2019年中途入社

クリエティブ事業部
ディレクター

S.Kato

今の仕事内容は?

基本的にはクライアントの窓口となる役目です。
ディレクション業務や、取引先への書類作成管理などを行っています。基本的にはクライアントの窓口です。その他制作物の保管管理、スケジュール管理だとか。大体パソコンの前に張り付いていますが、殆ど対人業務です。クライアントと直接やりとりして、求められていることを整理してクリエイティブに渡したり、クライアントとクリエイティブの間に入って業務がスムーズにいくように調整するような仕事です。

入社理由は?

意外な形でイラストに関われる事に魅力を感じました。
大学ではグラフィックデザインを専攻していたのですが、在学中に求められるものを作るのが向いていないと気付いたんです。好きなことと仕事は別にしたいと強く感じて、仕事は全く違う職種にしようと思いました。卒業後はずっと事務職をしていましたが、転職活動中に当時社員だった知人から紹介を受け、自分で制作する以外の形でイラストに関われる仕事であることに魅力を感じたので、入社を決めました。それまでは全くクリエイティブとは関係のない入力事務などでしたし、自分が諦めた世界にいられることにとてもやりがいを感じています。

働いてみて思ったことは?

常に考えて注意しながら行動する必要性を実感。
イレギュラー対応が多いので、常に考えて注意しながら行動する必要があります。業務自体は毎日同じようなことはしているんですけど、クライアントとのやりとりの中で、発生することが毎日違うっていう感じです。クライアントが突然今まで言ってこなかったことを言ってくるというのはよくあるのでその都度スケジュールを組み替えます。今までこうだったからこうする、という判断はできないですね。そういう状況なので、クリエイティブの人にはこまめにスケジュールの確認をするようにしています。

ベンチャーだから成長できたことは?

咄嗟の判断力が上がりました。
ベンチャーは初めてで。前職は大企業だったので、部署も細かく分かれていて、各部署に管理者がいて...という感じでした。大きな企業などに比べると、一人の人の仕事の種類が多いので、咄嗟の判断力が上がったように思います。大変さはありますが、個人の成長に繋がっていると思います。

どんな人と働きたい?

コミュニケーション能力がある人。
コミュニケーション能力があり、連携が取りやすい人です。連携が上手くいかないと、大きなミスに繋がったり、業務の進行が滞ったりすることもあるので対人業務をする上で一番重要な部分だと感じています。ホウレンソウがやっぱり大事です。

休日の過ごし方

自宅でのんびり。旅行も好きです。
基本的には自宅で映画や動画鑑賞したり、ゲームしたりしています。不定期で友人と遊びに出かけたり、一人で目的も無く出かけたりします。懐に余裕があると突発的に旅行に行ったりもします。
SNSには上げませんが、自己満足に食べ物の写真を撮ったりしてますし、旅行の時はミラーレスを持っていきます。国内の温泉街とかが多いです。それから海より山派です。でも去年の社員旅行は海だったんですけど、綺麗な写真がたくさん撮れてすごく満足しました(笑)。

今後やってみたいこと

適応能力をもっと上げていきたいです。
今後も色々と新しい業務は舞い込んでくると思うので、適応能力を上げてどんなこともスムーズ取り組めるようになっていきたいです。

さあ、一緒にカルチャーを創造しよう

ENTRY